Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :
  • スレッドテーマ :
  • コメント : -
  • トラックバック : -

めでたい!

先日の土曜日、知人の結婚披露パーティーがありました。
カタールで一緒に働いていた同僚同士での結婚で、招待のメールをもらったときは大変驚きました。
当時一緒に働いていた50人くらいのチームメンバー全員に一斉にメールを送っていたので、中東・アジア・日本いろんな国から\_(^◇^)_/\(*^^*)/ おめでとっ!の返信メールが飛び交って面白かったです。

さて、新郎はトルコ系のカナダ人で、インドネシアの会社に勤めるItスペシャリスト。
新婦は日本人で建築計画・都市計画のスペシャリスト。
カタールにいるときは、毎週末、新郎とはテニスを、新婦とはバスケットボールをして遊んでもらっていました。新郎新婦以外にも2年ぶりに出会う懐かしい顔がたくさんあり、いろいろなことが思い出されました。
また、同じテーブルにいた人も様々な国で働いていて、この式のためにフィリピンや中国から駆けつけた人、月曜からモンゴルに行く人や、スリランカで働いていて現地の人を国交省の研修に連れてきてたまたま日本に戻ってきている人、ラマダンあけからカタールに戻る人、様々でした。

パーティーの後カタールの元同僚たちと渋谷を歩いていたのですが、このメンバーが集まって日本にいるのがなんだか不思議な気持ちになりました。
もう会うこともないだろう、と思っていた人とまた逢える。
人生なにがあるか分かりませんね。

官僚たちの夏

TBSでこの夏放送されたが、城山三郎の小説をドラマ化したものである。
率直に素晴らしいできだったと思う。普段見る映画には辛い点ばかりつけているがこのドラマは90点つけて良いと思う。

日本が高度成長期に直面した、国民車構想、廉価なテレビや電算機の開発、日米繊維問題、公害対策、炭鉱問題、様々な課題に通産官僚が立ち向かい、苦しみながら活路を見出していく姿が丹念に描かれていた。
私は不幸にしてこの時代に生まれていないが、その当時の熱気が感じられたように思った。
明確な国家ビジョン、それへの熱意、これらが人を巻き込み、動かすのだろうと思った。
ドラマなのでもちろんん脚色されているのだと思うが、官僚たちが机の前だけで働いておらず、現場に足しげく通う姿は今の官僚の皆さんに見ていただきたいところだと感じた。
政界、財界との折衝も大変である様子も描かれていた。官僚とは権謀術数やバランス感覚も求められる職業なのかもしれない。
さて、現在はデトロイト3とも呼ばれるかつてのビッグ3を追い越して、日本車は世界中に販売されている。カタールではトヨタのランドクルーザーが大人気だし、東南アジアでは街中で走っている車は日本よりも日本車の割合が高いようにも思う。
繊維分野においてもカタールでは「トーブ」と呼ばれる、中東諸国で男性が着る真っ白い民族衣装の最高級品は東洋紡など日本製の布でしつらえている。
宇宙開発においても、先日無人宇宙貨物船HTVが打ち上げに成功し、国際宇宙ステーションにドッキングされた。
今の日本の経済成長ぶりを風越(佐藤浩一)や玉木(船越英一郎)、鮎川(高橋克実)や牧(杉本哲太)、庭野(堺雅人)や片山(高橋克典)らに見せたいものだと思った。
シカゴ等と東京が争う2016年開催のオリンピックはもうまもなく、決定される。
さてどこが勝つか。

よのなかには

世の中は、なんと広くて、狭いことか。
何度か行ったことのあるラーメン屋で大将と話していたら、大将の娘さんがカタール女子高で日本語を教えているということが分かった。
風貌や滞在期間などをいろいろ話していると、どうやら私はその人と会ったことがあるようだ。
大将によると、娘さんは3月に日本に戻ってくるという。
はたして、時空を超えた再開となるのだろうか?
3月13日が楽しみである。

またしても

わたくし、時々おおぽかをやります。

カタールに行く前日に財布を落とし、現金・キャッシュカードなしで旅立つことに!てなことになりかけました。

昨日は駅に向かう途中、ウォークマンをなくしてしまいました。。
出かける前に確かに上着のポケットに入れたはずなのに、駅に着いたらない。
人ごみで掏られたか、とも思いましたが、信号の点滅に慌てて走っていて落としたような気もしました。
駅で乗り換える間に警察に電話しましたら、案の定似たようなものが届いているとのこと。
用事を済ませた後、警察に行き、落し物を受け取りました。

日本って本当にいい国だと思います。
というか、なくしても見つかるし、この強運はなんなのでしょう。

リーダーシップ

たけしの独裁国家で何が悪い!?という番組をみました。

名前はひどいですが、内容は独裁者ともうわさされるようなリーダーシップを持った指導者がいる国の、トップダウンで行われているプロジェクトなどさまざまな取り組みを紹介するという、至極まともな番組でした。

ベネズエラチャベス大統領などは、国民との対話を重視しているようで、彼が出演するテレビ番組も9年続いており、その中で国民からの電話相談などにも答えているようです。普段目にするニュースでは国連演説でブッシュを悪魔と呼んだりしていたので、とても過激な人間のかと思っていました。が、どうやらパフォーマンスが好きなようで、集会などでも陽気に歌を口ずさんだりしていました。とても国民に支持されており、素晴らしいと思いました。

ボリビアモラレス大統領も先住民族の習慣を大切にしていて、各国要人と会うときもスーツでなく、いつも横縞のセーターを着ているとか。10%のスペイン系住民に富が集中していた国の制度を改め、貧困層を救う政策を行っているようです。

そういえば、カタールとか中東の国も、君主が相当な権力を持っているから紹介されないかなぁと思っていたら、ほんとにカタールが紹介されて驚きました。
小さい国だが石油や天然ガスを豊富に産出するので国民が裕福であること、アルジャジーラという中東の中立的な国際的メディアを持っている国であること、今のハマド国王が自国のプレゼンスを高めるため大規模都市開発などの政策をとっていることなどが紹介されていました。
街の様子や、カタール人の衣装などをみることができ、カタールがなつかしく思い出されました。
ただ、いくつかはやや大げさに取り上げていたり、取材が浅いのではと思うことがありました。
報道ではなくバラエティ番組なのでしょうがない面もあると思いますが、すこし気になりました。

カタール人は税や水光熱費がタダだったり、結婚するときに土地や家がもらえることが紹介されていました。一方で、街中では出稼ぎに来ている外国人しか見かけず、カタール人はショッピングセンターでお茶しながらくつろいでいる様子がすこし紹介されました。2割のカタール人の生活を支えている外国人がたくさんいることを、もっと紹介しても良かったのではないかと思いました。彼らの格差は相当なものがあります。
また、アルジャジーラの報道姿勢が中立で、ハマド国王が150億円の資金を出しているけれど検閲していないことに触れていました。
たしかに検閲はないようです。しかし、ハマド国王や王族のニュースはほとんど流れないことには触れていませんでした。実際カタールでアルジャジーラを良く見てましたが、国際的なニュースは流されるけれど、国内のニュースはほとんどありません。自分たちのニュースが流されないのだから、検閲もなにもないでしょう。
また、パールというリゾート開発も紹介されていました。ハリウッドスターも予約したり売れているとか景気の良い話がされていました。
確かにドバイやカタールなど、金に糸目をつけない大規模な都市開発は華やかなイメージを持たれがちです。実際売れているのかもしれません。しかし、カタールで暮らしてみての感想ですが、あまりお金をつぎ込むとサブプライムローンのように泣くことになるような気がします。

また、本来の意味の独裁者としてジンバブエムガベ大統領が紹介されました。今でもこんなひどい独裁者がいるのですね。
今年の選挙で負けておきながら、投票率が過半数に達しなかったことを理由に無効を主張し、対立候補を支持する人たちを迫害・殺害、対立候補も拘束したりして、結局今も大統領に居座り続けています。
この圧政に南アフリカにも200万人難民が流入しているようでした。日本から何か支援できないものかと思いました。

そうそう、この番組では紹介されませんでしたが、重病説が流れている指導者が居る国も日本の近くにありますね。
独裁国家の民主化を願ってやみません。

モンゴル時間

先日ご飯を食べながら職場の同僚と歓談していて、モンゴルの話になりました。
アラブの家にはマジリスという応接をする部屋があるのですが、モンゴルには母屋のほかに同じ敷地内にゲルを立てて、若者たちのたまり場として使ったりするのだとか。
また、モンゴルでは時間に対する感覚も日本とことなり、いたってのんびりしているということ。
その人は日本に帰って忙しく働いている時も、モンゴルで流れていた時間を思いだし、ほっと落ち着くことができる、というようなことを言っていました。
人生の豊かさとは、こういうことを指すのではないかと思いました。
たまたまそこにいた同僚3人は、それぞれモンゴルチリニカラグアですごした経験を持つ人たちでした。
それぞれ、モンゴル時間、チリ時間、ニカラグア時間を持っているのだと思うと、少しうらやましくなりました。
わたしはこの先、カタール時間を懐かしむことがあるのでしょうか。

Abdul AZIZ

ドーハ空港にカタール・ナショナルバンクの大きな広告が貼ってありました。
暇だったので何気なく見ていると、今クレジットカードを作ると抽選で北京オリンピックにご招待!とか書いてあります。
ふーん、カタール人だったらお金持ってるから、自力で行けちゃうんじゃないの~とか思っていたら、ある場所が妙に気になり始めました。
カードの名義がAbdul AZIZさんになっているではありませんか。
Abdul AZIZさんは、日本で言うところの山田太郎さんとか鈴木一郎さんとかなのだろうかと。
先日大きな会議があり、出席者名簿をつくりましたので、カタール人の名前はたくさん見ましたよお。
Mohammedさんとか、Aliさんとかも多かった気がするけどなぁ。でも、Abdul さんも結構見かけたような気がする。
姓のAZIZさんはいたけど、特段多くはなかったなあ。でもほかに目立つ苗字もなかったし、役所関係に少ないだけなのかもしれないなぁ。

結局よく分からないのですが、割と見かける名前ではあるようです。。

つまらないオチになったので、おまけ。
<アラビア豆知識コーナー>
アラブの人の名前は、基本的に下のような構造になっています。
OSAMA HAMAD TARIQ AL-THANI
という名前の人がいたら、苗字がAL-THANIで、その人の名はOSAMAさん、お父さんがHAMADさんで、おじいちゃんがTARIQさん、ということになります。

オッパマ!

カタールでも日本車が人気で、特にトヨタランドクルーザーはたくさん見かけます。
砂漠ツアーに行ったときも、ランクルでしたし、エミール(首長)やその一族が移動するときは、警察が赤のランクルに乗って先導したり、交通整理をしています。
ちなみに、こちらではレクサスブランドのランクルも売っているほどです。(カタール人はお金持ちですから。)

先日ドライバーの一人がニッサンの新車に乗り換えました。
日本から輸出するときに貼ったとおぼしき、記号や数字がいろいろ書いてある紙がフロントガラスに貼ってありました。
新車であること、日本(他国で組み立てている日本車も最近増えましたから)から輸入した日本車であることを誇るかのように、その紙は1ヶ月ほどはがされずに貼ってありました。
数字やアルファベットのなかにあるカタカナの「オッパマ」はとても誇らしく見えました。

また別の日のこと。
私は今IBMのラップトップを使っているのですが、職場の同僚のイラン人がそれをみて、「なんで日本人なのに日本製のPCを使わないの?私は東芝のを使っているわよ!」なんて言われたことがあります。そんな見方は今までしたことがなかったので、新鮮でした。

他国から見ると、日本はこのように輝ける工業国なのであります。

中東のサッカー

2010年のワールドカップ予選の日本対バーレーン戦が行われているころ、ドーハではカタールイラクの試合を開催していました。

Soccer1


Soccer2


スタジアムの近くまでは30分くらいでたどり着いたのですが、そこから渋滞にはまり結局後半から試合を観戦することになりました。
スタジアムに入る時にも一悶着あったのですが、それはおいておいて、スタジアムに入ると無数のカターリーが応援していて壮観でした。

応援の仕方も面白く、太鼓の拍子にあわせて手拍子を送ったり、リーダー格の人の声にあわせて勝ちどきの声を挙げるスタイルでした。

カタールイラクも中東ですが、日本や韓国などのように組織化されていないように感じました。日本や韓国の戦いかたをみるとサイドから崩してマイナスのセンタリングを挙げることが多いと思いますがそれと違い、あまり相手を崩しきっていなくても好きなようにセンタリングを挙げているという印象を受けました。というわけで、戦略性はあまり感じませんでした。
また、デフェンスの時もラインのコントロールをしていないように見えました。相手フォワードをオフサイドに掛けるような動きはほどんど見られませんでした。

イラク応援団もいることにはいたのですが、何しろアウェーですから10:1ぐらいの割合だったかと思います。
結局2-0でカタールが勝ちました。
帰り道で、カタールの国旗をなびかせて帰路に就く車をたくさん目撃しました。
気持ちよくなびいているカタールの国旗を見て、無邪気に国旗を振れる国をちょっとうらやましく思いました。

たべるということ

JMMに高田ケラー有子さんが寄稿されていて知ったのですが、2年前デンマークの新聞にムハンマド風刺画が載せられてボイコットが起こった事件がありましたが、また再燃しているようです。
また、他の欧州諸国でも、ムスリムの反感を買うことを恐れてイギリスの幼稚園で「3匹の子豚」の絵本を読むのを辞めたり、フランスの銀行で子どもに豚の貯金箱を配るのを辞めたりしているそうです。
高田さんがその中で書いていますが、お互いの文化や宗教を認めあうことと、他者からの不理解をおそれて自分の文化をどこかへ閉じこめてしまうことは違う、と指摘していますが、全くその通りだと思います。

イスラム教国のカタールでは豚肉が食べられません。またアルコールも外国人の宿泊する高級ホテルのレストランか、アルコールパーミットを持った外国人しか入手することはできません。
しかし、同じイスラム教国であるオマーンでは普通にとんかつや角煮を食べることができるし、アルコールも飲めます。
サウジアラビアの首都リヤドとの距離という地政学的な違いもあるので、一概にカタールがだめで、オマーンが良いと短絡的には言えないと思いますが、国として一律に強制するあり方よりも、個人の思想信条に従って戒律を守りたい人は守るというのが、これからの国際社会が歩む道としてふさわしいようにと思います。

で、翻って日本ですが、捕鯨船に体当たりしてくるシーシェパードなる団体の報道などを聞いていると、忸怩たるものがあります。
鯨を捕り、その肉を食料としたりひげや骨まで様々な用途に用いるのは、日本が昔から持っていた生活文化なのではないでしょうか。
そんな文化に無理解で野蛮な人たちの主張に屈せず、毅然と自分たちの文化として誇りをもって対応すればよいと思います。
オーストラリアでは増えすぎたカンガルーを食べるし、モロッコ料理の店にいくとラクダも食べられます。
それを食べたくなければ食べなければ良いし、食べない人が食べる人を責める権利なんてどこにも無いと思います。
命を食らって生きているのはどの人も同じなのですから。

Appendix

がんばろう東北!がんばろうニッポン!

twitterで共有!

あなたの言語でどうぞ!

You can read this Blog in your own mother tongue!

タグクラウドV1.2a

風呂(#1)ヘッジファンド(#1)天津(#1)比較優位(#1)ザビエル(#2)キムヨナ(#1)リビア(#1)三里屯(#1)ダック(#1)ソロー(#1)富士登山競走(#10)ディンタイフォン(#1)台北(#12)ETV(#3)厚生労働省(#1)新城(#1)淳化閣帖(#1)モンゴル(#1)イスタンブール(#1)シェーンブルン宮殿(#1)コウリャン酒(#1)教科書(#1)文明堂(#1)美しい国(#1)お経(#1)火山灰(#2)御殿場(#1)キリギリス(#1)プロリン(#1)桑原武夫(#1)チャベス(#1)サトゥルヌス(#1)横田基地(#1)地球博(#1)Facebook(#1)WBC(#2)牛肉麺(#1)ビールフェスタ(#1)ツール・ド・フランス(#1)カープ(#8)AIG(#1)アルベルト・コンタドール(#1)日本(#1)蒲田温泉(#1)伊藤博文(#1)ロナウジーニョ(#1)田園調布(#1)清原和博(#2)蒲田(#3)石油(#1)内閣メルマガ(#1)せんべい(#1)浜口(#1)小倉寛太郎(#1)ランドクルーザー(#1)犯罪(#1)同窓会(#1)管理主義(#1)国道1号(#1)町山(#1)公明(#1)いたばし(#1)異文化(#1)シンガポール(#1)トヨタ(#2)アトム(#1)ハイ・コンテクスト文化(#1)レンブラント(#1)マスコミ(#1)ヤフー(#1)ドルフィンズ(#1)大岡裁き(#1)薬物(#1)マネー資本主義(#1)シーシェパード(#1)ニュース23(#1)美濃部達吉(#1)東京マラソン(#21)モンスターエンジン(#1)佐藤敦之(#1)イスラム(#2)がん撲滅(#1)世界陸上(#1)太田(#1)みつるちゃん(#4)共和党(#1)押井守(#1)民主(#1)使用(#1)日比谷(#1)広島(#2)ツイッター(#1)大竹(#1)チャド(#1)那覇マラソン(#12)NTT(#1)李白(#1)廣田弘毅(#1)エクセル(#1)FRB(#2)再チャレンジ(#1)内藤(#1)年金(#1)#2289(#1)ロッシー(#1)辞任(#1)ウィーン空港(#3)マリオット(#1)芭蕉(#1)バンクーバー(#1)BCAA(#1)先端研(#1)リバーサイドハーフマラソン(#1)漢字(#1)マカオ(#1)康介(#1)政治(#1)インセンティブ(#1)経済学(#1)ホイリゲ(#1)天草(#3)ダルフール(#1)視覚障がい者(#1)天皇杯(#1)アメフト(#1)池上遼一(#1)グリシン(#1)ユニクロ(#1)甲州フルーツ(#1)北島(#1)アルギニン(#1)ハプスブルグ家(#1)グリー(#1)ウォシュレット(#1)粒谷区(#3)指紋(#1)ドバイ(#3)北海道(#1)西粟倉村(#1)蒲田MTRカープ(#3)イチロー(#3)グルタミン(#1)天安門(#1)カウボーイズ(#3)記録(#1)竹鶴21年(#1)ワタミ(#1)蝶(#1)キム・ヨナ(#1)白い恋人(#1)ブッシュ(#2)森の生活(#1)孫正義(#1)ダッカ(#1)脱税(#1)ウォルマート(#1)東京国立博物館(#1)吉兆(#1)電子書籍(#1)アメリカ(#1)エルンスト・ガンペール(#1)Mixi(#1)佐藤雅彦(#1)松岡(#1)mixi(#1)木村拓也(#1)CNN(#1)アウトレット(#1)なでしこジャパン(#1)和合亮一(#1)予選(#1)不二屋(#1)未公開映画(#1)浜田幸一(#1)エコロジー(#1)ER(#2)枡野浩一(#1)東日本大震災(#1)Hajj(#1)福生(#1)福島第一原子力発電所(#2)ロバート・キャパ(#1)パスポート(#1)サンデーモーニング(#2)シルク(#1)西単(#1)大竹伸朗(#1)ラクダ(#1)モラレス(#1)医療(#1)ワールド・トレード・センター(#8)チャリティ(#1)メジャーリーグ(#1)ミートホープ(#1)チーム・バチスタ(#1)ボストン(#1)ゴヤ(#3)蒲田MTRカープ(#1)石井慧(#1)エデュケーションシティ(#1)ポッドキャスト(#2)海外旅行(#1)クライマックスシリーズ(#1)グリンピース(#1)農林水産大臣(#1)コルツ(#2)市川海老蔵(#1)白洲次郎(#1)LOST(#1)裁判員(#1)中野京子(#1)久米(#1)レイチェル・ワイズ(#1)張本勲(#1)Shibuya(#1)パリ(#1)EMS(#1)マッサージ(#2)CSI(#1)TokyoWalker(#1)ハードル(#1)朝日新聞(#1)価格(#1)東京大学コミュニケーションセンター(#1)ポルトガル(#1)スリランカ(#1)為末(#2)ノルトゼー(#1)赴任(#1)第二芸術(#1)尾形光琳(#1)六郷土手(#1)カルフール(#1)24(#2)FCバルセロナ(#1)さくら(#1)NTTデータ(#1)テハーダ(#1)TBS(#1)ウィスキー(#1)阿倍仲麻呂(#1)Defamation(#1)パレスチナ(#1)みのもんた(#1)浅田家(#1)傭兵(#1)環境NGO(#1)イーグルス(#2)黒田(#1)サムライジャパン(#1)新婚旅行(#1)ウィーン(#2)スペイン(#1)FX(#1)成迫(#1)経営破たん(#1)南鑼鼓巷(#1)ETC割引(#1)冨田選手(#1)同盟(#1)指定容積率(#1)マンダリン(#1)喜劇(#1)市民活動(#1)クリントン(#1)紫式部(#1)タイ料理(#1)欣葉(#1)三角コーナー(#1)リバタリアン(#1)カリグラフィー(#1)ワンジル(#1)天ぷら(#1)競歩(#1)牧志公設市場(#1)日本人学校(#1)鉄棒(#1)じゃがポックル(#1)余市1987(#1)セインツ(#2)ニッサン(#1)政見放送(#1)士林夜市(#1)紀貫之(#1)京浜工業地帯(#1)3合目(#1)マリナーズ(#2)岸井成格(#1)グリークラブ(#1)ワールド・ビジネス・サテライト(#1)誤変換(#1)瀬戸内国際芸術祭(#1)ブログ(#1)世界チャンピオン(#1)仁(#1)狗不理(#1)アラビア語(#1)大庭大介(#1)舛添要一(#1)栗城史多(#1)Jブンガク(#1)ウィーンマラソン(#8)帰宅(#1)徒歩(#1)コミュニケーション(#2)IMF(#1)甲州市フルーツマラソン(#1)リーマン・ブラザーズ(#1)ご祝儀袋(#1)アンファル(#1)イタリアン(#1)ブラックウォーター(#1)金町(#1)渋沢栄一(#1)カルダモン(#1)勝沼ぶどう郷ハーフマラソン(#1)大珊欄街(#1)霧(#1)前田健太(#1)政治ポジションテスト(#1)野生爆弾(#1)ラゾーナ(#1)鳩山(#2)帖学派(#1)ジャック・バウアー(#1)電化製品(#1)火山(#1)ザッポス(#1)六本木(#1)911(#18)日焼け(#1)ルーカス(#2)電圧(#1)ベアスターンズ(#1)沈まぬ太陽(#1)クルド(#1)奥の細道(#1)中の茶屋(#1)万里の長城(#1)デリバティブ(#1)中国新聞(#1)ナッちゃん(#1)西森(#1)テレビのこれから(#1)オバマ(#2)俳句(#1)東北太平洋沖地震(#2)奥多摩(#1)石垣島(#1)歯ブラシ(#1)21_21(#1)フォーチュン・クッキー(#1)東京タワー(#1)スポーツ(#1)ジャーナリズム(#1)リーマンブラザーズ(#1)筑紫哲也(#1)スーパーボウル(#1)ドラえもん(#1)サラリーマンNEO(#1)医者(#1)笑味たれ(#1)バービー人形(#1)ルーシー・リィー(#1)チャージャーズ(#1)年金テロ(#1)川崎(#1)梁石日(#1)カラオケ(#1)韓国人(#1)数独(#1)城山三郎(#2)レッドスキンズ(#1)シャキーン!ザ・ナイト(#1)WTO(#1)アリ(#1)セザー(#1)ロイシン(#1)クイズ(#1)塚田(#1)名探偵コナン(#1)すべらない話(#1)朝ズバッ!(#1)東條(#1)浜田大明神(#1)イ・ギヒョク(#1)社員食堂(#1)王府井(#1)#2289(#1)大統領(#1)王献之(#1)ペティット(#1)孔廟(#1)広瀬香美(#1)高橋秀人(#1)ピンポン(#1)天皇(#1)亀田(#1)GIジョー(#1)王羲之(#2)ポール・ニューマン(#1)田中好子(#1)散髪(#1)ミサ(#1)エマニュエル・トッド(#1)血液製剤(#1)安倍(#1)P献金(#1)ムガベ(#1)ツム・ロイポルト(#1)尖閣諸島(#1)機会費用(#1)極東軍事裁判(#1)犬養毅(#1)分離派(#1)矢野・兵動(#1)官僚(#1)偶然だぞ(#1)Xリーグ(#1)クリケット(#1)シャキーン!(#1)犬塚勉(#1)島原(#1)風刺(#1)台北101(#1)別府(#1)オマーン(#1)ヴィック(#1)ベネズエラ(#1)イソロイシン(#1)ロニー・ブラウン(#1)岡田武史(#1)サントリー美術館(#2)ドーハ(#4)谷亮子(#1)歴史(#1)検索(#1)文部科学省(#1)藤田嗣治(#1)紅茶(#1)故宮博物院(#1)大勝軒(#1)バンクーバーオリンピック(#1)金鼎軒(#1)相撲界(#1)シブヤ大学(#1)自民党(#1)交番(#1)ジャマイカ(#1)フィギュアスケート(#1)琉璃廠(#1)カラベルドランカー(#1)宝塚(#1)浅田政志(#1)原発(#1)パキスタン(#1)日英同盟(#1)ISO(#1)福留(#1)イエズス会(#1)ジョギング(#8)サタデー・ナイト・ライブ(#1)AFC(#1)本栖湖(#1)古橋廣之進(#1)たなかじゅん(#1)抹茶(#1)バーナンキ(#1)故旧(#1)査定(#1)間寛平(#1)討論(#1)スーダン(#1)新聞(#1)三種の神器(#1)JMM(#1)豪雨(#1)創価学会(#1)緒方(#1)選挙(#2)カロリス(#1)ブルジュ・ドバイ(#1)坂本龍馬(#1)クレジットカード(#1)映画生活(#1)プリズン・ブレイク(#1)カラチ(#1)東京地裁(#2)夏川結衣(#1)ガイアの夜明け(#1)ふるさと納税(#1)天草マラソン(#7)鬼街(#1)スプツニ子!(#1)財務省(#1)国立新美術館(#1)多摩川(#2)ジェニファー・リー(#1)アジア(#1)日米同盟(#1)ラーメン(#2)拉致(#1)サウジアラビア(#1)経済(#1)ハゲ天(#1)名前(#1)ビッグ3(#1)へたっぴリーグ(#3)前田智徳(#1)坂の上の雲(#2)大沢たかお(#1)Vii(#1)ジンバブエ(#1)ポーク卵(#1)押し花(#1)社会保険庁(#2)牛街(#1)坂田藤十郎(#1)在留届(#1)モラルハザード(#1)銀座(#1)淳(#1)サンクコスト(#1)晁衡(#1)観光(#1)チョコ(#1)タンドリーチキン(#1)桂離宮(#1)食べログ(#1)沸騰都市(#2)ワイナイナ(#1)NHK(#10)遠藤周作(#1)源氏物語(#1)力道山(#1)SNS(#2)アグリー・ベティ(#1)びわこマラソン(#1)メダル(#1)米(#1)松本人志(#2)ホルミーシス仮説(#1)后海(#1)丸田芳郎(#1)若者(#1)福沢諭吉(#1)モルガンスタンレー(#1)小早川秀声(#1)財布(#1)阪神淡路大震災(#1)メジャー(#2)都庁(#2)NFL(#5)壺屋焼き(#1)野茂(#1)洞察力(#1)鉄工所ラップ(#1)萌え(#1)落語(#1)マイケル・サンデル(#2)小野耕石(#1)上杉慎吉(#1)草木湖(#1)クレメンス(#1)光の道(#1)エクアドル(#1)メリルリンチ(#1)赤城(#1)ワード(#1)イスラエル(#1)東北関東大震災(#1)Deep(#1)漫才(#1)家計簿(#1)不祥事(#1)日本車(#1)円キャリートレード(#1)下町(#1)桜(#2)だるま食堂(#1)飛行機事故(#1)鈴木先生(#1)アラビック・コーヒー(#1)自由経済(#1)A(#1)東京大学(#4)駅伝カーニバル(#1)国際通り(#1)地震(#1)民主党(#1)徒然草(#1)レガシーコスト(#1)恩地元(#1)サンデル(#2)人間国宝(#1)前門(#1)マイクロソフト(#1)知多市(#1)青の時代(#1)おたく(#1)ボロネーゼ(#1)goo(#1)アイスクリーム(#1)松田直樹(#1)原発事故(#1)ランス・アームストロング(#1)俵屋宗達(#1)尾方(#1)憲法(#1)池田勇人(#1)内田樹(#1)北方領土(#1)阪神・淡路大震災(#1)レバノン(#1)警視庁(#1)上野(#1)湿度(#1)エジプト(#2)浅田真央(#2)漢字テスト(#1)デーツ(#1)クスクス(#1)ヤマト運輸(#1)杜哈(#1)リベラル(#1)芸能人格付(#1)ニーチェ(#1)中谷美紀(#1)狩野永徳(#1)地デジ(#1)GPS(#1)凍頂烏龍茶(#1)アラブ(#1)イスラム原理主義(#1)党首(#1)版画(#1)本渡(#1)花森安治(#1)安倍首相(#1)岩国市(#1)竹富島(#1)トレーニング(#1)献血(#1)前海(#1)岸信介(#1)龍馬伝(#1)東野幸治(#1)日差し(#1)加藤条治(#1)24時間テレビ(#1)イ・カンソク(#1)turandot(#1)裁判員制度(#1)無犯罪証明(#1)普天間(#1)自転車(#1)大阪府(#1)中国(#2)ソフトバンク(#2)マラソン(#6)バンクシー(#2)聖火リレー(#1)君原健二(#1)台風(#1)誕生学(#1)独裁国家(#1)近衛(#1)カード(#1)ハイチ地震(#1)オーストリア航空(#2)日経(#1)横浜トリエンナーレ(#1)味の素スタジアム(#1)藤浩志(#1)鶴見俊輔(#1)モスク(#1)高校野球(#1)潜水服(#1)ニュースステーション(#1)サーチュイン(#1)大日本帝国憲法(#1)イタリア(#1)戸塚洋二(#1)モンティ・パイソン(#1)オペラ座(#1)YouTube(#1)休暇(#1)等々力球場(#1)ジャイアンツ(#1)ゴールドマンサックス(#1)朝日(#1)再発行(#1)山県有朋(#1)ボクシング(#1)ボリビア(#1)ハンマースホイ(#1)パールボウル(#1)NHK教育(#1)オセロ(#1)CDS(#1)山田太一(#1)池田(#1)教育(#1)ジャンジャウィード(#1)平岩外四(#1)浜口陽三(#1)ソロモンブラザーズ(#1)ハイチ(#2)メディア(#1)遠藤(#1)パリス(#1)TPP(#1)紛失(#1)ふろしき(#1)国際スピード郵便(#1)事業仕分け(#1)ストリーム(#1)岸谷五朗(#1)グリーンスパン(#1)報道(#1)横浜スタジアム(#1)インド(#1)アンチエイジング(#1)ペイトリオッツ(#1)ノーマン・ミネタ(#1)木村祐一(#1)大越健介(#1)311(#1)草野球(#6)現地調査(#1)ランチ(#1)アフリカツメガエル(#1)サッカー(#1)T2K(#1)ウサイン・ボルト(#1)IC(#1)ブラウン監督(#1)スカイ・クロラ(#1)オランジュリー(#1)卡達(#1)中村敦夫(#1)蒲田カープ(#4)ファルコンズ(#2)ヒルトン(#1)ミッドタウン(#1)JFK(#3)給湯室(#1)福田総理(#1)戦国鍋TV(#1)木村伊兵衛(#1)べ平連(#1)ジム・トンプソン(#1)Qum(#1)毎日(#1)シリーズJAPAN(#1)FC東京(#4)怖い絵(#1)スターバックス(#1)肉体の門(#1)世襲議員(#1)長島圭一郎(#1)doha(#1)MIXI(#1)阪急電車(#1)ハーフ(#1)津田恒美(#1)福田(#1)国土交通省(#1)投資銀行(#1)頤和園(#1)サブプライムローン(#2)小泉(#1)ズムスタ(#2)体操(#1)荒川(#1)英国王のスピーチ(#1)google(#2)ブラックトレーズ(#1)キリスト教(#1)タリバン(#1)お好み焼き(#1)ロンドン(#2)引っ越し(#1)シュワルマ(#1)ケニア(#1)岡田ジャパン(#1)官僚たちの夏(#1)連想検索(#1)人志松本(#1)切腹(#1)ロシア(#1)市民球場(#1)宇宙食(#1)オリンピック(#2)子どもの貧困(#1)TBS(#3)バルビゾン派(#1)アラニン(#1)ジャクリメド(#1)寿司(#1)チキンビリヤニ(#1)三笠山(#1)チベット(#2)外国人(#1)慶応病院(#1)星野ジャパン(#2)カタール(#20)自衛隊(#3)小龍包(#1)記者クラブ(#1)UNIQLO(#1)ムハンマド(#1)ドナルド・キーン(#1)大人(#1)イラク戦争(#1)NPO(#1)日本テレビ(#1)twitter(#9)市川團十郎(#1)労働組合(#1)綾瀬はるか(#1)契約社員(#1)メガ(#1)書道(#1)黒田清輝(#1)シティセンター(#1)アルバイト(#1)ワッキー(#1)北野武(#1)小籔千豊(#1)国貿(#1)ペルシャ絨毯(#1)ハーバード(#4)短歌(#1)行政刷新会議(#1)マネー(#1)光市母子殺害事件(#1)虐殺(#1)ボンズ(#1)等々力(#1)神戸(#1)転向(#1)本田圭祐(#1)ロバート・ノージック(#1)ワイツゼッカー(#1)ヒラリー(#1)カフェ・ツェントラル(#1)ラマダ(#1)北京オリンピック(#1)白熱教室(#3)バリン(#1)赤羽(#1)活性酸素(#1)FC東京(#1)諸見里しのぶ(#1)美術館(#1)レイフ・ファインズ(#1)哲学(#1)アンジェイ・ワイダ(#1)徳岡(#1)北京(#7)男声合唱(#1)瞑想(#1)ワールドカップ(#2)検定(#1)京都サンガ(#1)アサーション(#1)コンセント(#1)トルコ(#1)学士会(#2)PL(#1)茶芸(#1)日本食(#2)ニュースウォッチ9(#1)ボクシング協会(#1)ニカラグア(#1)病院(#1)証明(#1)金城次郎(#1)冬柴鉄三(#1)冷凍ギョウザ(#1)新御殿(#1)雪印(#1)万葉集(#1)アンアン(#1)国子監(#1)国連(#1)豊崎由美(#1)jognote(#1)山口晃(#1)ウェブ・ジャーナリズム(#1)フジテレビ(#1)町工場(#1)ヅカファン(#1)国際貢献(#1)赤字国債(#1)ベラスケス(#1)FIFA(#1)村上ファンド(#1)アーユルベーダ(#1)ランディ・ジョンソン(#1)ダリ(#2)三沢光晴(#1)ベルヴェデーレ(#1)蚤の市(#1)山崎勇喜(#1)ルービン(#1)イラク(#3)王宮(#1)デンマーク(#1)西表島(#1)JIN(#1)W杯(#2)スクロールバー(#1)ゲシュプリツター(#1)女子高(#1)初防衛(#1)小浜島(#2)引越し(#1)宮崎(#1)屋久島(#2)ピカソ(#3)一橋慶喜(#1)探偵ナイトスクープ(#2)ロンブー(#1)渡辺謙(#2)海外(#1)写真(#1)長谷川等伯(#2)フランス(#1)チリ(#1)ダイアログ・イン・ザ・ダーク(#1)クウェート(#1)マキシム・ゴタール(#1)焼きめし(#1)ヴァイキングス(#1)モロッコ料理(#1)ソフトボール(#1)沖縄戦(#1)テレビ東京(#1)烟袋斜街(#1)映画(#2)産経(#1)焼き肉シート(#1)読売(#1)オーバーラー(#2)パラリンピック(#1)798芸術区(#1)ボーナス(#1)過労死(#1)ニュース(#1)くじ(#1)シェブロン(#1)麻生(#2)日本大使館(#1)ツァラトゥストラ(#1)サルコジ(#1)アートナイト(#1)マイケル・フェルプス(#1)がん(#1)石井一(#1)落し物(#1)60年安保(#1)テレ朝(#1)ナイロビ(#1)伊勢谷友介(#1)ABC(#1)C型肝炎(#1)ウォークマン(#1)暑さ(#1)トニー・シェイ(#1)オフト(#1)美術史博物館(#1)かき揚げ(#1)

最近の記事

プロフィール

むろじん

Author:むろじん
引越好きです。
太子町、高砂市、大竹市、広島市、本渡市、神戸市、目黒区、葛飾区、戸田市、中央区、港区、大田区、ドーハ、大田区、渋谷区
ただいま14ヶ所目!次はどこ?
趣味:ジョギング、海外旅行、映画、飲み会?、美術鑑賞

Appendix

ブログ内検索

メドックM2012への道!

Visitor Map

Analytics

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。